鼻の考え方診療メニューへ戻る

鼻を高くしたい、鼻を下向きにしたい、印象的な鼻を手に入れたい
そんな悩みの方に、当院では最も適した形でご提案いたします。

鼻の悩みで来院される患者様は、「低い鼻を高くしたい」「団子鼻を細くしたい」「小鼻を目立たなくしたい」などの希望はありますが、具体的には抽象的なイメージしか持っていないと思われます。鼻は顔の中心に位置し、目に次いで顔貌を印象づける重要なパーツです。鼻の手術を細かく分類しているクリニックもありますが、一般の方にも理解しやすいようにできるだけシンプルに解説いたします。右図のように鼻筋・鼻先・小鼻の3ヶ所のパーツに分けて考えます。即ち(1)眉間・隆鼻術(低い鼻根部・鼻筋を高くする)、(2)(3)鼻尖縮小術・鼻尖形成術・鼻中延長術(団子鼻を細くする、上向きの鼻先を下向きに伸ばす)、(4)鼻翼縮小術(小鼻の膨らみを目立たなくする)となります。

目と同じように鼻の手術も優先順位があります。図の(1)(2)(3)の番号順、つまり鼻の中心線から整えることを考えなければなりません。日頃診療して感じることは、「私の鼻がカッコ悪いのは小鼻のせい」と思い込んでいる患者様が意外と多いことです。顔の中心で、他人の視線が一番集まる鼻の中心線に問題があるのに、小鼻だけを手術しても本末転倒の鼻なのです(鼻翼縮小の症例参照)。まず、中心線(1)(2)(3)を整えてそれでも気になるなら、(4)の小鼻の手術をするべきなのです。逆に言えば中心線(1)(2)(3)を整えると、意外と小鼻が目立たなく、気にならなくなり(4)鼻翼縮小術をしなくても満足してしまうこともあります。

勿論、鼻の中心線が元々整っている方はその限りではなく、最初から(4)鼻翼縮小術だけを行えば良い訳です。
さらに、鼻の中心線でも鼻筋を整えるまず(1)を優先すべきなのです。その為に、(1)(2)(3)(4)の番号順になるのです。ただし、(1)(2)(3)の手術は切開線からのアプローチが同じ通り道であるため、ご予算が許すならば(1)+(2)or(3)は同時に行う方が望ましいのです。

また我々、日本人(東洋人)の鼻は西洋人に比べると下記のような特徴(欠点)があります。これらを克服しなければならないので鼻の手術は難しいと言われる所以です。
1. 鼻が短く、低い
2. 皮膚・皮下組織が厚い
3. 軟骨が小さく、軟らかい

これらをふまえ、(1)~(4)の手術を解説します。

ページトップ

  • 神谷町皮フ科形成外科
  • キャンペーン ヒアルロン酸のキャンペーン詳細はこちら ボトックスのキャンペーン詳細はこちら フォトフェイシャルキャンペーン詳細はこちら メディカルダイエット 神谷町皮フ科形成外科 美容医学センターの期間限定キャンペーン詳しくはこちら
  • 神谷町皮フ科形成外科ブログ
  • 手術代モニターが30%オフになるモニター募集中
  • カウンセリング予約
  • カウンセリング予約
  • 治療の流れ
診療時間のお知らせ
休診日
             

休診日(土・日・祝日)

診療時間
午前-9:30~13:00
午後-14:30~18:30
手術専用日 土曜日・日曜日・祝日

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-6
第二大石ビル3F

・日比谷線神谷町駅4b出口 徒歩30秒
・南北線六本木一丁目駅 泉ガーデンギャラリー経由徒歩6分、
・銀座線虎ノ門駅 2番出口 徒歩7分

・虎の門ヒルズより 徒歩5分