診療内容
一般診療を中心に美容診療を行っています。[各種保険取扱][ローン取扱]
美容診療
その他
  • プラセンタ注射

二重(全切開法・小切開法)診療メニューへ戻る

当院の埋没法(LSK法)は通常の埋没法よりかなり強固であると自負しておりますが、いくら頑張って工夫しても所詮埋没法です。切開法には敵いません。二重マブタは、(希望の)二重の幅・瞼の厚さ・眼輪筋の厚さ・タルミの有無・上眼瞼挙筋の強さ(目力)等、の要因で構成されています。埋没法では二重になりにくい方の場合、二重になろうとする皮膚の折り返しを妨げる種々の要因を取り除かなければなりません。切開法はその妨害因子を取り除き、解剖学的に土台から変えてしまうことができるのです。その為、幅広い華やかな二重、分厚いマブタでも戻らない二重など殆どの希望に答えられます。

切開法の長所・短所

  1. 上記のように埋没法では不可能な幅広い華やかな二重や分厚いマブタにも対応可能。
  2. 二重が取れる可能性はほぼゼロ%である。
  3. 切開線は傷となって残るが、これは二重の折り返しそのものなので全く気にならない。
  4. 手術時間が長い。1時間強。
  5. ダウンタイムがやや長い。抜糸(約7日目)が必要。7日~10日くらいはサングラスが必要。
  6. つまり時間(手術・ダウンタイム)と費用がかかることのみが短所である。

ページトップ

手術方法

  1. まず、じっくりと相談のうえ予定の二重の線をデザインします。必要に応じて2~3ミリ皮膚を切除します。
  2. 局所麻酔(希望者は笑気麻酔併用)後、メスで切開をします。
  3. 上記の二重を構成するのに邪魔な要因、眼輪筋・瞼板前脂肪を適量除去し、必要に応じて眼窩脂肪も適量切除します。
  4. 目を見開く事により、二重の線が引き込まれ(折り込まれるように)上眼瞼挙筋(挙筋腱膜)の断端を睫毛側の皮膚と縫い合わせ、その後皮膚を縫合して終了です。
  5. 一週間後に抜糸しますが、その間に組織が修復する過程で睫毛側の皮膚と上眼瞼挙筋の断端が癒着(連結)することにより二重の折れ込みが一生維持されます。従って、瞼の中に一切糸が残りません。

ページトップ

コラム:全切開法と小切開法(部分切開法)の違い

読んで字のごとく、全切開法は瞼の全体(約25~30ミリ)を切開し、小切開法は同じ二重のライン上の中心を8~10ミリ程度切開します。手術手技はほぼ同じですが、小切開法はその範囲が狭い分、手術時間も短く済み、腫れも少なく済みます。では、小切開法で十分なのではないのでは?と思う方もいらっしゃいます。確かに1センチ弱の小さく切開した部分は全切開法と同じようにラインの癒着が出来ます。しかし切開していない目頭側と目尻側は小切開部に吊られてラインが折り込むだけなので、どうしても弱くなります。

当然、全体(25~30ミリ)で支える方が強いのは自明の理です。埋没法と全切開の間の中途半端な手術であることが否めません。極めて戻りにくい6点留などが考案された現在、小切開法はあまり意味のない手術でお勧めしません。

「埋没法で戻るのはイヤだけれど、全切開も傷が気になるから小切開法を希望します。」という患者様がよくおられます。では、小切開の傷は全切開の傷より目立たないのでしょうか?逆に、全切開の傷は、部分切開より目立つのでしょうか?

生まれつきの二重の人も瞼を閉じれば、二重の線=シワのように線になっています。

また上記3)のように、全切開法の傷=二重の線=シワとなり、時間経過と共にノーメイクでも殆ど気にならないくらいにキレイになります。つまり傷が傷として見えないのです。

ところが、小切開法は中央の1センチ弱の切開で二重のラインを作らなければならないため、切開部分の眼輪筋や脂肪をたくさん切除して中の構造と強く癒着させなければならず、その部分がわずかながらも凹みがちで、同じ二重のライン上の傷でも1センチ弱の部分だけが凹んで、目頭側と目尻側との差ができて、全切開法よりも却って目立ってしまうのです。以上のことにより、小切開法は全切開法よりも傷は目立つ割に支える力は中途半端で、メリットがない手術と考えます。従って当院では患者様のよほどの希望がない限り、小切開法はお勧めしません。どうしても切るのがイヤならば、6点留(LSK法)埋没法であくまでも頑張るべきです。小切開法は「傷はイヤだ」という患者の不安心理につけこんだ“客寄せパンダの手術法”とは言い過ぎでしょうか?

ページトップ

症例写真

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 施術前 施術後

  • 施術前 施術後

    全切開法と目頭切開を同時に行っています。
    術後1ヶ月ですので左側がまだ腫れていて若干の左右差がありますが、3ヶ月すると、ほぼ左右対称になります。
  • 施術前 施術後

    元々二重はありますが、目頭切開をせずに幅広平行型を希望されました。幅広のため、少し眠そうな印象ですが、アイラインが映えるので本人は満足されています。眼瞼下垂で 目の開きも良くした方がより理想的と思われます。
  • 施術前 施術後

    目頭切開をせずに平行型を希望されました。綺麗な平行型になっています。
  • 施術前 施術後

    目頭切開を同時に行い、平行型にしています。まだ術後1ヶ月なのでまだ目頭の傷が気になりますが半年も経つと殆どわからなくなります。

ページトップ

料金

料金は税抜です。

埋没法(6点留め) 100,000円
埋没法(6点留め)+脱脂 180,000円
小切開法(部分切開法) 200,000円
全切開法 250,000円
当院埋没糸抜糸 10,000円
他院埋没糸抜糸(一本につき) 20,000円
目力アップ(結膜側挙筋短縮術) 200,000円
眼瞼下垂 美容目的(自費) 400,000円
眼瞼下垂 重度(保険) 自己負担 50,000円程度
眉毛下切開
(上眼瞼タルミ取り)
250,000円
眉毛上皮膚切除
(ブローリフト)
250,000円
上眼瞼ROOF切除
(分厚い瞼改善)
切開法or眼瞼下垂or眉毛下切開

150,000円
目頭切開 200,000円
下眼瞼開大術
(たれ目形成)
250,000円
目尻切開 200,000円
下眼瞼脱脂術
(結膜側)
200,000円
下眼瞼切開術
(下瞼タルミ取り)
350,000円
下眼瞼切開術
(ハムラ法)
400,000円
モウ古ヒダ形成術
(眼頭切開修正)
250,000円

片側は上記各料金の60%
他院修正は状態により追加料金が発生する事があります
下眼瞼開大術・目尻切開は別途静脈麻酔代 ¥50,000

料金は税抜です。

その他の料金

ページトップ

診療時間のお知らせ
休診日
             

休診日(土・日・祝日)

診療時間
午前-9:30~13:00
午後-14:30~18:30
手術専用日 土曜日・日曜日・祝日

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-6
第二大石ビル3F

・日比谷線神谷町駅4b出口 徒歩30秒
・南北線六本木一丁目駅 泉ガーデンギャラリー経由徒歩6分、
・銀座線虎ノ門駅 2番出口 徒歩7分

・虎の門ヒルズより 徒歩5分